わきが薬用クリームランキングベスト3【ワキガ薬2016年最新版】

わきがを薬で治す!ワキガに効く薬用クリームランキング

わきがに効き目のある薬用クリームベスト3はコレ!

「お肌が荒れている」「バストが小さい」「生理不順が酷い」「髪の毛のボリュームが減った」など、数多くの女性が抱える悩みの一つが不快な臭いを放つわきがです。

そこで、わきが体質を少しでも和らげるために、薬用クリームを使ってみてはいかがでしょうか。

薬用クリームの使用と聞くと、「使っても意味がないのではないか?」「効果がないのではないか?」「改善に繋がらないのではないか?」「ちょっと怪しい・・・」という疑問を抱く女性がいます。

しかし、わきがで悩む女性にとって薬用クリームは欠かせないアイテムで、ツーンとする不快な臭いだけではなく汗の発生も同時に和らげてくれるのです。

「電車のつり革に掴まることができない」「エレベーターに乗る際に周囲の目を気にしてしまう」とわきがが日常生活に与える影響は非常に大きくなっています。

そんな悩みをスッキリと解決してくれるのが有効成分が凝縮された専用のクリームで、肌へと塗布するだけで臭いと汗の両方からケアできるのが大きな特徴です。

  • わきが専用のクリームを使ってからストレスが溜まりにくくなった
  • 臭いがスーっと消えていくので効果が高いことが分かった
  • ネットの製品は肌に優しい成分が含まれているので敏感肌の自分でも使用できる

上記のような口コミの評価を得ており、選ぶ製品さえ間違えなければわきがという大きな問題を解決できることがお分かり頂けるでしょう。

どの薬用クリームも脇の下に直接塗布して臭いを抑えたり雑菌の繁殖を食い止めたりという効能を持ち合わせており、現在では通販で数多くの製品が販売されています。

以下では、わきがに効き目のある薬用クリームベスト3をご紹介しているので、どのような対策を練れば良いのか分からない人はランキングを参考にしてみてください。

NOANDE(ノアンデ)

わきがに効く薬用クリームの中も高い人気を誇っているのがNOANDE(ノアンデ)です。

NOANDE(ノアンデ)では、「汗のバランスを整える」「汗を好む細菌の増殖を抑える」というD SHIELD Technology(ディーシールドテクノロジー)製法が採用されており、肌を清潔に保ちながら臭いの発生を元から絶ってくれるのです。

そのためのシメン−5−オールやフェノールスルホン酸亜鉛といった有効成分が濃縮されており、わきが原因菌の殺菌率は99.9999%と公式サイトでは表記されておりました。

「わきがの手術で散々の結果だったので私はこれしか使いません」という女性もいますし、リピート率が95%超えているのが人気の大きな理由です。

他の美容系の製品を見ればお分かり頂けますが、95%を超えるような商品はありません。

「他社の製品で効果が実感できなかった」「他社の製品で香料と混じり合った臭いになった」「他社の製品でニキビや痒みが生じた」という女性もNOANDE(ノアンデ)を使っています。

その証拠として口コミでは800件以上の高評価を得ており、満足度も以下のように97%という高い数値を叩き出しているのです。

  • すごく満足:61%
  • 満足:28%
  • やや満足:8%
  • 分からない:3%

トライアル定期コースなら3,640円オフの4,960円で購入できますし、安心の120日間返金保証制度も取り入れられているので、わきがで悩む女性はNOANDE(ノアンデ)を使ってみましょう。

>>NOANDE(ノアンデ)を公式サイトで見てみる

CLEANEO(クリアネオ)

わきが以外にも足の臭いの対策として効き目のある薬用クリームがCLEANEO(クリアネオ)で、不快な臭いで悩む女性のために開発されました。

細菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールや汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛の2種類の有効成分がダブルで肌にアプローチし、脇の下や足の裏の臭いを抑えてくれるのです。

老廃物の蓄積を防ぐ柿渋エキスもCLEANEO(クリアネオ)の中には配合されており、身体の内側と外側の両方に働きかけてくれるからこそ夏場でも冬場でも季節に関係なく使用できます。

  • 香料無し
  • 鉱物油無し
  • パラベン無し
  • オイル無し
  • 紫外線吸収剤無し

上記のように、余計な添加物は一切含まれていない薬用クリームなので、肌の弱い敏感肌やカサカサとする乾燥肌で悩む女性でも難なく使用できます。

わきがは長期間に渡る対策が必要で、CLEANEO(クリアネオ)の定期便ならば1,000円お得の4,980円で購入できるので、地道に臭いのケアを行ってみてください。

>>CLEANEO(クリアネオ)を公式サイトで見てみる

薬用ネオテクト

わきが消臭クリームとして薬用ネオテクトも高い人気を得ています。

商品の効能が素晴らしく、薬用ネオテクトはプロ仕様として開発されました。

「汗が出る」⇒「雑菌が繁殖する」⇒「細菌が発酵する」⇒「臭いが出る」というメカニズムがわきがで、薬用ネオテクトにはその働きを抑える天然植物エキスがふんだんに使われています。

脇の下や足の裏、デリケートゾーンなど臭いが気になる箇所に薬用クリームを塗布するだけで、わきがの原因菌を99.9%を殺菌してくれるのです。

臭いを一時的に誤魔化すのではなく原因を根本から断ち切ってくれるからこそ、他の薬用クリームよりも人気が高く、多くの女性から愛されています。

定期コースならば通常価格7,980円のところ、初回特別価格3,990円というお手頃な価格で販売されているのでデオドラント剤の薬用ネオテクトは実におすすめです。

>>薬用ネオテクトを公式サイトで見てみる

わきがに効き目のある市販薬を使おう

わきがの悩みは想像以上に重く、実際に臭いが引き起こされている女性ならばお分かり頂けるでしょう。

「電車のつり革に掴まることができない」「エレベーターの中で臭いがバレないか不安」「夕方になると酷くなる」と個人によって症状は大きく異なります。

そこで、わきがに効き目のある市販薬を使って臭いのケアを行ってみてはいかがでしょうか。

一口にわきがの市販薬と言っても、以下の2種類に大きく分けられます。

  • 個人輸入代行業者などインターネットで販売されている専門的な薬
  • マツモトキヨシやサンドラッグといった薬局で購入できる薬

ネットで販売されている海外のわきがの専門的な薬

わきがに効く効かないという点で見てみると、ドラッグストアの市販薬よりもネット通販で販売されている専門的な薬の方が効果は高いという特徴があります。

近年では個人輸入代行業者を利用し、海外で販売されている医薬品をインターネット通販のような形で簡単に入手できるようになりました。

Amazonや楽天市場で買い物をする時のように個人情報を入力して支払い方法を選択し、自宅へと希望の製品が届けられる仕組みです。

「海外の医薬品を入手するのは違法なのではないか?」と不安を抱える女性は多いのではないでしょうか。

確かに、厚生労働省の公式サイトでは「海外で医薬品を購入する際はくれぐれもご注意ください」と表記されておりましたが、個人の使用目的で購入すること自体は法律に反さないのです。

そこで、わきがに効き目のある薬としてどのような種類の製品が販売されているのか見ていきましょう。

  • パースピレックス・ローション:塩化アルミニウム配合のローションタイプの製品
  • パースピレックス・ロールオン:塩化アルミニウム配合のロールオンタイプの製品
  • プロバンサイン:わきがや加齢臭、多汗症に効き目がある内服薬

上記のような外用薬や内服薬が個人輸入代行業者では販売されており、医薬品なのでわきがの悩みを根本的に改善できます。

しかし、得られる作用が強い代わりに副作用のリスクがあり、「肌が痒くなる」「口が乾く」という意見が飛び交っておりました。

個人によって引き起こされる症状には違いがあるものの、市販されているデオドラント剤と比較すると少々危険性が高く、個人の体質によっては使わない方が良いです。

その点、当サイトでご紹介している薬用クリームは安全性が高く、肌や身体に負担を掛けずにわきがの臭いをケアできるので、一度NOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

<<NOANDE(ノアンデ)を詳しく見る>>

薬局やドラッグストアで購入できるわきがの市販薬

薬局やドラッグストアで販売されているわきがの市販薬は、海外の医薬品と違って作用が弱い代わりに安全性が高くなっています。

そこまでわきがの臭いが酷くないのならば実店舗で販売されている製品でも十分に臭いを抑えられますし、何よりも手軽に入手できるのが何よりのメリットです。

いちいち皮膚科といった病院へと通院せずに済みますし、欲しい商品を探して購入するだけでわきがの対策ができます。

薬局やドラッグストアではどのようなわきがの市販薬が販売されているのか見ていきましょう。

  • Hミッテル:制汗力や消臭力はそこまで強くないものの昔からのロングセラー
  • オドレミン:アポクリン汗腺から分泌される汗を抑えてわきがの臭いを防ぐ
  • デオクリスタル:強い殺菌作用でバクテリアの繁殖を抑えながら収れん作用で汗を出しにくくする
  • オドジェルミン:塩化アルミニウム配合で汗を食い止めてわきが臭や加齢臭を抑える
  • AG+:殺菌成分の銀含有ゼオライトが配合されたスプレータイプの制汗剤

消臭効果でわきがの臭いを抑えられるデオドラント剤と比べると、汗を抑える制汗剤は効き目が薄いの積極的にはおすすめできません。

わきが体質の女性は汗の量を抑えても臭いで悩まされる可能性が高いので、消臭効果のある成分が含まれたデオドラント剤を毎日の生活に取り入れてみましょう。

わきがの臭いケアのデオドラント剤には種類があるの?

わきがの臭いを抑えられるデオドラント剤は通販で数多くの製品が販売されており、女性の心強い味方になっているのは間違いありません。

自宅でも外出先でも使えるようにと、現在では持ち運びが便利なコンパクトサイズのデオドラント剤も登場しています。

しかし、一口にデオドラント剤と言っても、以下のように様々な種類やタイプの製品に分かれているのが大きな特徴です。

  • スプレータイプ:どちらかと言うと制汗剤に該当し、プッシュ式タイプで脇の下にシューっと吹きかける
  • ロールオンタイプ:肌に直接すり込むことができる製品で、角質まで浸透させることで臭いケアの持続効果が増す
  • ジェルタイプ:伸びが良くて肌に塗布しやすいのが特徴で、夏場は特にひんやりとして気持ちが良い
  • クリームタイプ:どのタイプよりも消臭の持続効果が長く、皮膚の深層まで行き届いて臭いをシャットアウトできる
  • シートタイプ:専用シートで脇の下を拭き取ることで汗を抑えられるが、消臭効果に関してはそこまで効き目がない

上記のように、たくさんの種類のわきが対策グッズが販売されていることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

ドラッグストアでは販売されている製品の種類が少々少ないかもしれませんが、インターネット通販ならば数が多いので比較しやすいはずです。

当サイトでご紹介しているCLEANEO(クリアネオ)はクリームタイプのデオドラント剤で、マイナビウーマンやPOCOCEといった数々のメディアでも紹介されています。

お手頃な価格だけではなく、使用何日後でも全額返金できる安心の制度が取り入れられているので、CLEANEO(クリアネオ)を使ってわきがの臭いを和らげる努力をしてみてください。

<<CLEANEO(クリアネオ)を詳しく見る>>

わきがの薬を病院で処方してもらおう

「どんなケアを行ってもわきがの臭いが改善されない」「少しでも早くわきがの臭いから開放されたい」と考えている女性は、医薬品を病院で処方してもらうのも選択肢の一つとなっています。

病院での治療と聞くと、「痛い手術を受けなければならないのでは?」「高額な費用を支払わなければならないのでは?」という不安があるでしょう。

確かに、わきがの直接的な原因となるアポクリン汗腺をメスで除去する剪除法や、細い管でアポクリン汗腺を吸い取る皮下組織吸引法といった手術は実施されています。

しかし、わきがで悩む全ての女性が病院で手術を受けなければならないわけではなく、軽度の症状ならば処方される外用薬や内服薬でも十分に対策に繋がるのです。

「わきが=病気」と考えている方は多いものの、「わきが=体質」と考えるのが自然なのではないでしょうか。

わきがを放置したからといって命の危険に繋がることはありませんし、無理に身体にメスを入れる手術を受けなくても自分の症状に合わせた処置を行えば良いのです。

以下では、皮膚科といった病院で処方されているわきがの薬をご紹介しているので、受診する前に一度確認しておいてください。

  • 塩化アルミニウム液:病院で処方されている代表的な外用薬で汗の量を抑えながら臭いも同時に軽減させる
  • 臭化プロバリテリン:抗コリン剤の一種でアセチルコリンの分泌を抑えて汗を出にくくする内服薬
  • バラマイシン軟膏:細菌の増殖を防ぐ抗菌作用を持っており、わきがだけではなくニキビや火傷の治療にも用いられている
  • デパス:自律神経の交感神経に作用して心と身体をリラックスさせて緊張やストレスによる発汗を防ぐ内服薬
  • サリチル酸原末「マルイシ」:真菌の繁殖を抑えたり角質を溶かしたりする作用を持つ内服薬

上記のような外用薬や内服薬がわきがの治療では用いられており、専門医が個人のわきがの症状や体質を考慮して処方してくれます。

しかし、「定期的に病院へと通わなければならない」「個人の肌質によっては肌の痒みを中心とする不快なトラブルが起こる」というデメリットが医薬品の使用にはあるのです。

その点、通販で販売されているわきがの薬用クリームならば、多くの製品が鉱物油や石油系界面活性剤といった余計な添加物を排除しており、肌への優しさを追及しながらわきがの臭いケアが行えます。

当サイトのトップページでは、通販で人気を得ている薬用クリームのベスト3をご紹介しているので、わきが対策の方法が分からないという女性は一度参照してみてください。